コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井洸 あらい こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井洸 あらい-こう

あらい-あきら

新井洸 あらい-あきら

1883-1925 明治-大正時代の歌人。
明治16年10月9日生まれ。佐佐木信綱に師事,「心の花」によって活躍。一時は尾崎紅葉の門にまなぶ。明治41年から石榑千亦(いしくれ-ちまた)らの帝国水難救済会に古泉千樫(ちかし)とともにつとめた。大正14年10月23日死去。43歳。東京出身。本名は幸太郎。別号に雨泉。号は「こう」「ひろし」ともよむ。歌集に「微明」など。
【格言など】そむかれん日の悲しびをうれひつつ百日(ももか)に足らぬ子をいだくなり(「微明」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井洸の関連キーワード山下 陸奥前川佐美雄古泉千樫石榑千亦山下陸奥新井 洸心の花川田順あらい

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android