川田順(読み)かわだ じゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田順 かわだ-じゅん

1882-1966 大正-昭和時代の歌人。
明治15年1月15日生まれ。川田甕江(おうこう)の3男。住友総本店にはいり,昭和11年常務理事で退社。佐佐木信綱に師事,「山海経(せんがいきょう)」で歌壇にみとめられる。17年「鷲」「国初聖蹟歌」で第1回芸術院賞。また古典を研究して「西行」などの著作をのこした。24年弟子の鈴鹿俊子と恋愛,老いらくの恋といわれ話題をよんだ。芸術院会員。昭和41年1月22日死去。84歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわだじゅん【川田順】

1882~1966) 歌人。東京、浅草生まれ。甕江の子。東大卒。佐佐木信綱に師事。実業に携わる傍ら作歌に専念し、歌集「伎芸天」「陽炎」「山海経」などにより浪漫的抒情の密度の濃い作品を残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川田順
かわだじゅん

[生]1882.1.15. 東京
[没]1966.1.22. 東京
歌人。漢学者川田甕江の3男。佐佐木信綱門下で木下利玄と並び称され,主情性と知性的写実を統合した歌風を示した。代表歌集『鷲』 (1940) ,『寒林集』 (47) 。 1942年日本芸術院賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川田順
かわだじゅん
(1882―1966)

歌人。東京生まれ。漢文学者川田(たけし)(甕江(おうこう))の庶子。東京帝国大学法科卒業。1907年(明治40)住友総本社に入社。以後、実業人として活躍した。1897年(明治30)佐佐木信綱(のぶつな)に入門、新井洸(あきら)、木下利玄(りげん)とともに明治・大正期『心の花』の三羽烏(さんばがらす)とされ、1941年(昭和16)歌集『鷲(わし)』(1940)ほかにより芸術院賞、44年『吉野朝の悲歌』(1939)などにより朝日文化賞受賞。63年芸術院会員となる。浪漫(ろうまん)的作風から写実的作風に移行していったが、男性的で断定的な叙情は初期から一貫してその短歌の特色をなしている。第一歌集『伎芸天(ぎげいてん)』(1918)以下、『山海経(せんがいきょう)』(1922)、『寒林集』(1947)、『東帰(とうき)』(1952)など14冊の歌集があり、『源実朝(さねとも)』『西行(さいぎょう)』など古典和歌の研究書も多い。晩年の弟子鈴鹿俊子(のち、夫人)との「老いらくの恋」はジャーナリズムをにぎわした。[佐佐木幸綱]
 立山(たてやま)が後(うしろ)立山に影うつす夕日の時の大きしづかさ
『『定本川田順歌集』(1957・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川田順の関連情報