コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川田順 かわだ じゅん

6件 の用語解説(川田順の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川田順

歌人。東京生。東大卒。戦後は皇太子の作歌指導や歌会始選者になった。昭和41年(1966)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわだ‐じゅん〔かはだ‐〕【川田順】

[1882~1966]歌人。東京の生まれ。甕江(おうこう)の子。佐佐木信綱門下。初期は浪漫的な作風で、のち写実的な傾向に転じた。実業界でも活躍。歌集「伎芸天」「山海経」「」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田順 かわだ-じゅん

1882-1966 大正-昭和時代の歌人。
明治15年1月15日生まれ。川田甕江(おうこう)の3男。住友総本店にはいり,昭和11年常務理事で退社。佐佐木信綱に師事,「山海経(せんがいきょう)」で歌壇にみとめられる。17年「鷲」「国初聖蹟歌」で第1回芸術院賞。また古典を研究して「西行」などの著作をのこした。24年弟子の鈴鹿俊子と恋愛,老いらくの恋といわれ話題をよんだ。芸術院会員。昭和41年1月22日死去。84歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かわだじゅん【川田順】

1882~1966) 歌人。東京、浅草生まれ。甕江の子。東大卒。佐佐木信綱に師事。実業に携わる傍ら作歌に専念し、歌集「伎芸天」「陽炎」「山海経」などにより浪漫的抒情の密度の濃い作品を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川田順
かわだじゅん

[生]1882.1.15. 東京
[没]1966.1.22. 東京
歌人。漢学者川田甕江の3男。佐佐木信綱門下で木下利玄と並び称され,主情性と知性的写実を統合した歌風を示した。代表歌集『鷲』 (1940) ,『寒林集』 (47) 。 1942年日本芸術院賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川田順
かわだじゅん
(1882―1966)

歌人。東京生まれ。漢文学者川田剛(たけし)(甕江(おうこう))の庶子。東京帝国大学法科卒業。1907年(明治40)住友総本社に入社。以後、実業人として活躍した。1897年(明治30)佐佐木信綱(のぶつな)に入門、新井洸(あきら)、木下利玄(りげん)とともに明治・大正期『心の花』の三羽烏(さんばがらす)とされ、1941年(昭和16)歌集『鷲(わし)』(1940)ほかにより芸術院賞、44年『吉野朝の悲歌』(1939)などにより朝日文化賞受賞。63年芸術院会員となる。浪漫(ろうまん)的作風から写実的作風に移行していったが、男性的で断定的な叙情は初期から一貫してその短歌の特色をなしている。第一歌集『伎芸天(ぎげいてん)』(1918)以下、『山海経(せんがいきょう)』(1922)、『寒林集』(1947)、『東帰(とうき)』(1952)など14冊の歌集があり、『源実朝(さねとも)』『西行(さいぎょう)』など古典和歌の研究書も多い。晩年の弟子鈴鹿俊子(のち、夫人)との「老いらくの恋」はジャーナリズムをにぎわした。[佐佐木幸綱]
 立山(たてやま)が後(うしろ)立山に影うつす夕日の時の大きしづかさ
『『定本川田順歌集』(1957・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川田順の関連キーワード荒木暢夫石川暮人伊藤生更大坪草二郎岡山巌杉田鶴子谷邦夫中島哀浪野上草男和田山蘭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川田順の関連情報