コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下利玄 きのした りげん

10件 の用語解説(木下利玄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木下利玄

歌人。岡山県生。東大卒。佐佐木信綱の「竹柏会」同人となり歌を学ぶ。同級の武者小路実篤らと『白樺』を創刊、北原白秋島木赤彦にも影響を受け、歌集『銀』『紅玉』を発表。その後『日光』『不二』同人として作歌を続け、その短歌は彼の歿後高い評価を受けるに至った。大正14年(1925)歿、40才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きのした‐りげん【木下利玄】

[1886~1925]歌人。岡山の生まれ。本名、利玄(としはる)。佐佐木信綱の門下。「心の花」、ついで「白樺」同人。歌集「」「紅玉」「一路」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木下利玄【きのしたりげん】

歌人。本名利玄(としはる)。岡山県生れ。東大国文科卒。13歳で佐佐木信綱に師事,《心の花》同人となった。1910年《白樺》同人(白樺派)となり短歌に専念した。口語的発想による清麗な詠風,いわゆる利玄調を確立した。
→関連項目心の花竹柏会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下利玄 きのした-りげん

1886-1925 明治-大正時代の歌人。
明治19年1月1日生まれ。伯父の木下利恭(としもと)の養子。はやくから佐佐木信綱に師事し,「心の花」同人となる。明治43年「白樺」創刊に参加。口語的な発想,四四調の破調など,利玄調とよばれる作風で知られた。大正14年2月15日死去。40歳。岡山県出身。東京帝大卒。本名は利玄(としはる)。歌集に「銀」「紅玉」「一路」。
【格言など】牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占めたる位置のたしかさ(「一路」)

木下利玄 きのした-としはる

きのした-りげん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木下利玄

没年:大正14.2.15(1925)
生年:明治19.1.1(1886)
明治大正時代の歌人。本名利玄。岡山県賀陽郡足守町(岡山市)生まれ。父は木下利永,母は瀬原やす。5歳のときに伯父で旧足守藩主子爵利恭の養嗣子となり上京。学習院をへて東京帝大国文科卒業。13歳で佐佐木信綱門に入る。明治43(1910)年,同級生志賀直哉,武者小路実篤らと『白樺』を創刊,初期には小説も書いた。歌人としての利玄の個性は,『白樺』同人であったことによって磨かれたといえるだろう。その後窪田空穂,島木赤彦らの写実歌風を自らのヒューマニズムにとり入れ,独自の利玄調といわれる歌風に至った。歌集に『銀』(1914),『紅玉』(1919),『一路』(1924),『立春』『李青集』(1925)などがある。

(平石典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きのしたりげん【木下利玄】

1886‐1925(明治19‐大正14)
歌人。岡山県生れ。本名利玄(としはる)。5歳で伯父の旧足守藩主木下利恭(としやす)の養嗣子となり,上京。学習院を経て1911年東大国文学科卒業。早く中等科時代から作歌に志し佐佐木信綱門に入り,《心の花》の有力な同人として活躍した。1910年創刊の《白樺》にも加わり,小説を試みたが,やがて短歌に専念し,白樺派の異色の存在となった。卒業後16年まで目白中学で教鞭をとったが,25年肺結核で没した。歌集に《銀》(1914),《紅玉》(1919),《一路》(1924)があり,遺歌集《みかんの木》は,没後刊行の歌文集《李青集》(1925)に収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きのしたりげん【木下利玄】

1886~1925) 歌人。岡山県生まれ。本名、利玄としはる。東大卒。佐佐木信綱に入門、「心の花」同人。のち「白樺」の歌人として写実的歌風に独自の領域を開いた。歌集「銀」「紅玉」「一路」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木下利玄
きのしたりげん

[生]1886.1.1. 岡山
[没]1925.2.15. 鎌倉
歌人。本名,利玄 (としはる) 。学習院を経て 1911年東京大学国文学科卒業。志賀直哉,武者小路実篤らと『白樺』を創刊 (1910) ,その文学精神を短歌に発揚した。代表歌集『紅玉』 (19) ,『一路』 (24) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木下利玄
きのしたりげん
(1886―1925)

歌人。岡山県生まれ。本名利玄(としはる)。伯父の旧藩主子爵木下利恭の養嗣子(ようしし)となり、東京で育った。東京帝国大学国文科卒業。12歳で佐佐木信綱(のぶつな)の門に入り、終始『心の花』の同人で、同門川田順と並び称せられた。1910年(明治43)志賀直哉(なおや)、武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)らとともに『白樺(しらかば)』を創刊し、主として短歌を発表。北原白秋らの『日光』にも参加。しだいに独自の歌風を樹立していき、口語的発想、俗語の駆使、四四調などにより、清新かつ特徴ある近代詩精神を生かした。歌集『銀』(1914)、『紅玉』(1919)、『一路』(1924)、『立春』、歌文集『李青集』(1925)がある。[伊藤嘉夫]
 牡丹花(ぼたんか)は咲きさだまりて静かなり花の占めたる位置のたしかさ
『『定本木下利玄全集』全2巻(1976・臨川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木下利玄の関連キーワード太田郁郎岡田磐小野節香川不抱賀陽済河内荻子釘貫久吉蕨真佐藤嘲花和田山蘭

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone