新字体(読み)シンジタイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐じたい【新字体】

漢字の字体で、古くから使われていた形を改めて、新たに用いられるようになった字体。特に、国語審議会が昭和24年(1949)告示の当用漢字字体表のうち、以前に正字とされていた形に代えて、略字俗字筆写体などの形を採用したもの。「狀」を「状」、「爲」を「為」とした類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

占い用語集の解説

新字体

1946年の戦後の当用漢字制定以後、現在まで日本で使用されている漢字の字体のこと。新字体とは、1949年の「当用漢字字体表」による標準字体に対する呼称であり、印刷字体と筆写字体を一致させることを目的としていた。画数が多く、複雑な旧字体を画数の少ない文字に差し替える、または複雑な部分を省略化するといった手法で、全体の画数を減らして簡略化した。実際には、1950年代以後に切り替えられていった。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじたい【新字体】

漢字の字体で、古くから用いられている字体に対して、新たに用いられるようになった字体。特に、1949年(昭和24)内閣告示の「当用漢字字体表」で、それまでの正字体に代わって新たに正字体として定めた字体。いわゆる略字体や筆写体・俗字体などを採用したもの。「醫」を「医」、「壽」を「寿」、「廳」を「庁」とした類。81年(昭和56)内閣告示の「常用漢字表」でも、その新字体はそのまま受け継がれた。 → 旧字体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新字体の関連情報