正字(読み)セイジ

大辞林 第三版の解説

せいじ【正字】

誤っていない文字。正しい文字。
点画の正しい形の文字。昔から正統と認められてきた形の漢字。略字・俗字や正字から作られた新字体に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐じ【正字】

〘名〙
① まちがいでない正しい字。また、正しい表記。
※将門記(940頃か)「内印外印、鋳る可き寸法、古文正字定め了りぬ」
※箚録(1706)「是即吾国の正字なり。其外和字、俗語歌書等にもまま有之」
② 俗字に対し、点画を略したり変えたりしない、字源による正統と認められる漢字の字体。「円」に対する「圓」、「氷」に対する「冰」の類。〔漢書‐芸文志〕
③ 最初からそこに書いてあった字。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)五立「洗へば正字は去りやらず、入筆ばかりは治定(ぢぢゃう)
④ 活字で、常用漢字表の新字体に対して、康字典などをよりどころとする旧字体。〔造本と印刷(1948)〕
⑤ 昔、中国で、書籍の文字の校正をつかさどった官。〔新唐書‐百官志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正字の関連情報