新室町院(読み)しんむろまちいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新室町院 しんむろまちいん

1311-1337 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
延慶(えんきょう)4年2月23日生まれ。後伏見天皇の第1皇女。母は広義門院。応長元年内親王となり,一品(いっぽん)にすすむ。建武(けんむ)の新政が発足した正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)後醍醐天皇中宮となる。天皇の吉野行きには同行しなかった。建武4=延元2年院号をうけ,同年5月14日死去。27歳。名は珣子(じゅんし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

新室町院 (しんむろまちいん)

生年月日:1311年2月22日
鎌倉時代後期;南北朝時代の女性。後醍醐天皇の妃
1337年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android