コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新室町院 しんむろまちいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新室町院 しんむろまちいん

1311-1337 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
延慶(えんきょう)4年2月23日生まれ。後伏見天皇の第1皇女。母は広義門院。応長元年内親王となり,一品(いっぽん)にすすむ。建武(けんむ)の新政が発足した正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)後醍醐天皇中宮となる。天皇の吉野行きには同行しなかった。建武4=延元2年院号をうけ,同年5月14日死去。27歳。名は珣子(じゅんし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

新室町院 (しんむろまちいん)

生年月日:1311年2月22日
鎌倉時代後期;南北朝時代の女性。後醍醐天皇の妃
1337年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

新室町院の関連キーワード南北朝時代珣子内親王延慶

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android