コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広義門院 こうぎもんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広義門院
こうぎもんいん

[生]正応5(1292).京都
[没]正平12=延文2(1357).閏7.22. 京都
後伏見天皇女御で花園天皇の准母。名は藤原寧子。父は左大臣西園寺公衡。母は従一位兼子。徳治1 (1306) 年上皇宮に入り,延慶2 (09) 年三宮に准じ,院号宣下。じゅん子内親王,光厳天皇,景仁親王,光明天皇を産む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広義門院 こうぎもんいん

1292-1357 鎌倉-南北朝時代,後伏見上皇の女御。
正応(しょうおう)5年生まれ。西園寺公衡(きんひら)の娘。母は卿局(きょうのつぼね)。光厳(こうごん)天皇,光明天皇らを生む。延慶(えんきょう)2年(1309)准三宮(じゅさんぐう)となり院号をゆるされ,のち出家。一時的に北朝の天皇が不在となった「正平(しょうへい)一統」後,足利義詮(よしあきら)の要請で光厳上皇の第2皇子を後光厳天皇として即位させた。延文2=正平12年閏(うるう)7月22日死去。66歳。名は寧子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

広義門院

没年:延文2/正平12.閏7.22(1357.9.6)
生年:正応5(1292)
鎌倉時代後期・南北朝時代の女院。名は寧子。後伏見上皇の女御。父は西園寺公衡。光厳・光明両天皇の母。延慶2(1309)年広義門院の号を宣下される。南北朝内乱のなかで一時的に北朝が廃された観応2/正平6(1351)年の正平一統の翌年8月,新しい天皇を立てて北朝の再建をはかる足利尊氏に強要されて,孫の後光厳天皇を践祚させた。<参考文献>林屋辰三郎『内乱のなかの貴族/南北朝と「園太暦」の世界』

(森茂暁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎもんいん【広義門院】

1292‐1357(正応5‐正平12∥延文2)
後伏見天皇の女御,花園天皇の准母。左大臣西園寺公衡の娘,母は藤原兼子。名は寧子。1306年(徳治1)上皇となっていた後伏見の御所に上り,女御となって光厳・光明天皇,子内親王を生んだ。09年(延慶2)院号宣下。36年(延元1∥建武3)落飾,出家した。52年(正平7∥文和1)足利義詮の要請で後光厳天皇践祚の令旨を出した。【飯倉 晴武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

広義門院の関連キーワード青蓮院宮尊証法親王尭恕入道親王真敬入道親王尊証入道親王真観(1)林屋辰三郎常子内親王東福門院永亨女王新室町院西の御方霊元天皇藤原国子金蓮寺

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android