コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直昌 しんじょう なおまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直昌 しんじょう-なおまさ

1513-1549 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)10年生まれ。新庄直寛(なおひろ)の子。近江(おうみ)(滋賀県)朝妻城主。天文(てんぶん)18年三好長慶(ながよし)が摂津で挙兵したとき,管領(かんれい)細川晴元にしたがう。同年6月12日摂津江口の戦いで郎党とともに討ち死にした。37歳。通称は蔵人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新庄直昌の関連キーワードレオ10世ジェームズ4世ハンスオレンボー朝オレンボー朝ソドマスペイン音楽メディチ家ルネサンス史(年表)ケット

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone