コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新現実派 シンゲンジツハ

デジタル大辞泉の解説

しんげんじつ‐は【新現実派】

第三次・第四次「新思潮」に拠った芥川竜之介菊池寛ら、「奇蹟」に拠った葛西善蔵広津和郎ら、また、宇野浩二佐藤春夫室生犀星など、大正中期に文壇に登場した一群の作家の総称。作風や思想のうえで現実的あるいは現実主義的であった。狭義には新思潮派をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんげんじつは【新現実派】

大正期後半の小説傾向の一。自然主義・耽美派・白樺派に対して、知的な現実把握と心理描写に特色をもつ。芥川竜之介・広津和郎・宇野浩二・佐藤春夫らをさす呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新現実派の関連キーワード新現実主義心理描写

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android