新現実派(読み)シンゲンジツハ

デジタル大辞泉の解説

しんげんじつ‐は【新現実派】

第三次・第四次「新思潮」に拠った芥川竜之介菊池寛ら、「奇蹟」に拠った葛西善蔵広津和郎ら、また、宇野浩二佐藤春夫室生犀星など、大正中期に文壇に登場した一群の作家の総称。作風や思想のうえで現実的あるいは現実主義的であった。狭義には新思潮派をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんげんじつは【新現実派】

大正期後半の小説傾向の一。自然主義・耽美派・白樺派に対して、知的な現実把握と心理描写に特色をもつ。芥川竜之介・広津和郎・宇野浩二・佐藤春夫らをさす呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android