コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時共産主義 せんじきょうさんしゅぎWar Communism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦時共産主義
せんじきょうさんしゅぎ
War Communism

ロシア革命直後の国家経済政策。 1918~20年の国内戦および外国干渉軍との戦闘の間に行われた。第1次世界大戦,革命,国内戦,外国軍による要地の占領などのため,ソ連経済は極度に窮乏した。国民の生命を維持し,軍隊に必要な物資を補給するためには,これまでどおりの純粋共産主義方式では不可能となった。そこで強力な国家権力による統制のもとに,企業の国有化食糧の徴発,国家による配給,賃金の現物給与,個人の商取引禁止などが断行され,これは国内戦の勝利には寄与したが,ソ連経済そのものを崩壊に導いた。 20年に農業生産は戦前の2分の1,工業生産は7分の1に,鉄道は荒廃して輸送力は5分の1に低下した。こうして 20年末から 21年にかけて農民の暴動が発生し,21年3月にはクロンシタット要塞の水兵1万 6000の反乱が起り,ついに 21年の第 10回党大会で,レーニンが提案したかなり自由化された新経済政策 (ネップ) が採択されるにいたった。それ以後ソ連共産党は,戦時共産主義は戦争によって余儀なくされた変則であり,新経済政策は資本主義から社会主義に移行するための正しい路線であったとしていたが,ソ連が解体した今日,再評価が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんじ‐きょうさんしゅぎ【戦時共産主義】

ロシア革命後の1918年、内戦と外国の干渉に対抗するためにソ連政府がとった経済政策商工業の国家統制、倉糧配給制、労働義務制などが実施されたが、生産量低下による極度の食糧不足を招き、1921年には新経済政策(ネップ)へ移行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

戦時共産主義【せんじきょうさんしゅぎ】

反革命軍との国内戦,外国の軍事干渉(対ソ干渉戦争)や封鎖に際してソ連がとった1918年―1921年の経済政策。大工業のほか中小企業も統制し,全余剰農産物徴発制,労働義務制,消費物資配給制などをしき,生産と分配をソビエト権力の中央統制下においた。
→関連項目ソビエト連邦ロシア革命

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんじきょうさんしゅぎ【戦時共産主義 voennyi kommunizm】

ソビエト・ロシアで1918年から21年初頭にかけてとられた経済政策の体系。工業の大半部分の国有化と中央集権的管理体制,自家消費用以外のすべての穀物を国家の手に集中する食糧割当徴発制,分配面での配給制(その反面での闇市場激増),貨幣の意義の縮小,全般的労働義務制等がその特徴である。この政策が内戦・干渉戦(イギリス,フランス,日本,アメリカなどから派遣された革命干渉軍との戦い)という非常事態に対処するための一時的緊急措置であったのか(〈戦時共産主義〉という呼称自体,このような解釈を前提としている),それともむしろ共産主義の即時樹立をめざして国有化・現物経済化等を意識的に追求した結果であるのかという点をめぐっては解釈が分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんじきょうさんしゅぎ【戦時共産主義】

ロシア革命直後ソビエト政府が反革命軍と外国干渉軍に対処するためにとった統制経済政策。自由商工業の禁止、食糧の強制徴発、労働義務制など。生産意欲の喪失などで農工業の生産が激減し、社会不安が増大。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦時共産主義
せんじきょうさんしゅぎ
военный коммунизм voenny kommunizm ロシア語

1918~21年の時期におけるソビエト国家の経済政策または経済体制の総称。ひと口で特徴づければ国家的に組織化された生産=分配制度であるが、より具体的な内容を列挙すると次のとおりである。〔1〕生産手段の国有化の徹底と生産物の広範な国家独占。大・中規模ばかりではなく多数の小規模工業企業も国有化され、農業では土地以外の生産手段は私有のままであったが、余剰農産物の国家への引き渡しが義務づけられた(食糧独裁、食糧割当て徴発制)。〔2〕経済運営の極度の中央集権化。燃料、原料、設備などの企業への供給や生産物の配分は中央管理局が指令し、住民への必需物資の配給は国家機関が行い、私営商業は禁止された。〔3〕労働力の国家的動員と配分(全般的労働義務制、労働の「軍隊化」)。〔4〕分配における階級原則。〔5〕経済生活の「現物化」。
 これらを、内戦と干渉戦、経済的荒廃のもとでの一時的・非常時的なもの、すなわち正常な社会主義建設からの逸脱とみなすか、あるいは特定のイデオロギー的背景をもち、革命的情熱に依拠(たとえば共産主義土曜労働)した時期尚早の共産主義建設の試みとみなすか、その歴史的評価が分かれている。
 1921年3月に、ソビエト国家は、農民の不満増大に促迫されて食糧割当て徴発制を廃止したが、これを契機として戦時共産主義からネップ(新経済政策)への転換が行われた。[門脇 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の戦時共産主義の言及

【社会主義】より

…生産手段を社会化したならば,社会全体を〈ひとつの工場〉のように運営できるだろうというイメージは,マルクスに発している。 第2は,十月革命からわずか8ヵ月後,1918年6月から21年3月まで,国内戦と外国干渉戦という非常事態のもとで施行された〈戦時共産主義〉の経験である。これは農民にたいする余剰食糧徴発制を中心に,労働の軍隊化と厳しい配給制による雇用,消費規制を結合した戦時統制型の経済で,市場関係はほとんど表面から姿を消したが,これが革命の熱狂と第1であげた社会主義経済像と結びついて,真の社会主義への道と考えられた。…

【ロシア革命】より

…12月16日,キエフが解放され,デニキン軍は打ち破られた。 この熾烈な内戦を戦いぬくために,ソビエト政権は〈戦時共産主義〉と呼ばれる経済政策をとった。その第1の柱は〈穀物独裁〉であり,第2の柱は全工業の国有化であった。…

※「戦時共産主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戦時共産主義の関連キーワードクロンシュタット軍港反乱ネップ(NEP)ゴスバンク計画経済干渉戦争集団化NEP

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android