コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新補率法 しんぽりっぽう

1件 の用語解説(新補率法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新補率法【しんぽりっぽう】

新補地頭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の新補率法の言及

【闕所】より

…たとえば幕府の裁判で有罪となり没収された所領は当然幕府がこれを獲得したが,荘園内部の犯罪は警察権をもつ地頭や荘官が,少なくともその一部を与えられる権利をもっていた。承久の乱後新補された地頭が,いわゆる新補率法によって犯人跡闕所の3分の1を与えられることに定められていたのは有名である。地頭がこの権利をてこにして,荘園内部で不当な検断権を行使した例は多い。…

※「新補率法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone