コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新赤色砂岩 しんせきしょくさがん

百科事典マイペディアの解説

新赤色砂岩【しんせきしょくさがん】

中部ヨーロッパのバリスカン造山運動による山脈の内側に堆積した三畳系。乾燥気候のもとで形成された赤色の砂岩・レキ岩を特徴とする陸成層を主とし,浅海成層をはさむ。デボン紀カレドニア造山運動による旧赤色砂岩に対し新赤色砂岩と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせきしょくさがん【新赤色砂岩 New Red Sandstone】

旧赤色砂岩に対して,イギリスに分布する新期の赤色岩層につけられた総称。時代的には,二畳紀~三畳紀にまたがるもの。新赤砂岩ともいう。石炭系またはこれより古い地質系統を不整合におおい,海成ジュラ系に不整合におおわれる。下部はドイツの二畳系赤底統に,三畳系の一部は同じくドイツの斑砂(はんさ)統に相当する主として陸成の厚い赤色岩層で,バリスカン造山運動の後造山性堆積物とみなされる。礫層(れきそう)のような粗粒堆積のみでなく,風成の砂,シルト岩層や,ときに岩塩,セッコウのような蒸発岩をはさみ,乾燥・砂漠性気候下の堆積とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

新赤色砂岩の関連キーワードウェストミッドランズ中部ヨーロッパ新赤色砂岩層ペルム紀古気候学モラッセ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android