コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方田均税法 ほうでんきんぜいほうFang-tian-jun-shui-fa; Fang-tien-chün-shui-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方田均税法
ほうでんきんぜいほう
Fang-tian-jun-shui-fa; Fang-tien-chün-shui-fa

中国,宋代に王安石によって行われた新法の一つ。東西南北おのおの 1000歩を1方とし,これを基準に土地の肥瘠 (ひせき) を検量し,五等に分ち,等級に応じて課税する法で,豪農の不正を調べて田土の境界を正し,税の平均化をはかった。煕寧5 (1072) 年初めて行われたが,検量が繁雑で,かつ豪農の反対があり,2年後にいったん廃止された。元豊5 (82) 年復活されたが元祐1 (86) 年旧法党の世となり廃止。徽宗朝に新法党の天下となり蔡京により再び復活され,やがてまた廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

方田均税法の関連キーワード宋の時代(年表)王安石の新法丈量

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android