コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方田均税法 ほうでんきんぜいほう Fang-tian-jun-shui-fa; Fang-tien-chün-shui-fa

1件 の用語解説(方田均税法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方田均税法
ほうでんきんぜいほう
Fang-tian-jun-shui-fa; Fang-tien-chün-shui-fa

中国,宋代に王安石によって行われた新法の一つ。東西南北おのおの 1000歩を1方とし,これを基準に土地の肥瘠 (ひせき) を検量し,五等に分ち,等級に応じて課税する法で,豪農の不正を調べて田土の境界を正し,税の平均化をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方田均税法の関連キーワード王安石の新法均輸法新法党青苗法保馬法呂恵卿新法唐宋八大家章惇文公(王安石)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone