コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイ

デジタル大辞泉の解説

せい【×旌】

旗竿(はたざお)のさきに旄(ぼう)という飾りをつけ、これに鳥の羽などを垂らした旗。天子士気を鼓舞するのに用いる。また、総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【旗】より

…千葉常胤(ちばつねたね)が奥州追討にあたり源頼朝に献上した旗は,1丈2尺2幅で,その上部に伊勢大神宮,八幡大菩薩,下部に鳩2羽が白糸で縫いとられていたという(《吾妻鏡》)。旗指物【西垣 晴次】
[中国]
 〈はた〉を通称して,旗(き)あるいは旌旗(せいき)などというが,もともと〈旗〉〈旌〉ともに〈はた〉の一つの種類を表す語である。各種の旗を示す漢字は,もとよりこれにとどまらないし,金文の図象文字にも数多くみられる。…

※「旌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旌の関連キーワード江原道(大韓民国)栃木県宇都宮市花房葬送儀礼のことば租庸調・雑徭ウォンビン赤旗(旗)蒲生君平墓チョンソン旗旒信号手旗信号打立てる招魂社旗指物租庸調黄庭堅五台山漢江太白船軍白旗

旌の関連情報