コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現在 げんざいpresent

翻訳|present

3件 の用語解説(現在の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現在
げんざい
present

時は基本的に過去,現在,未来の3つに区分される。しかし,現在は,ほかの2つに比べると意識と実践に関して著しい優越性をもつ。意識において過去や未来が,いずれも「について」意識され,しかも,いまの意識によって意識されるものであるのに対し,現在は,それと同時に意識するものとしてありうる唯一の時である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐ざい【現在】

[名](スル)
過去未来の間。過去から未来へと移り行く、今。また、近い過去や未来を含む、今。副詞的にも用いる。「数千年の時を経て現在に至る」「現在のところ見通しは立っていない」「現在、出張中です」
(時間を表す語の下に付き、接尾語的に用いて)変化する物事の状態をある時点で区切って示すときの、その時点。「八月末日現在の応募者数」
現に存在すること。目の前にあること。「現在する最重要課題」
(「現在の」の形で血縁関係などを表す語を修飾して)正真正銘の。まぎれもない。
「いはんや彼らは―の孫なり。しかも嫡孫なり」〈曽我・三〉
(副詞的に用いて)明白な事実であるさま。また、近い将来そのことが実現するのが確実であるさま。
「そなたは―奥様になることぢゃ」〈浮・棠大門屋敷〉
仏語。三世(さんぜ)の一。今、生をうけているこの世。現世。
文法の時制の一。今の時点での動作・状態など表すときに用いる形。現在形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんざい【現在】

( 名 ) スル
時間を三つに区分した一つ。過去と未来の間。刻々と過去へと移り過ぎてゆく、今のこの時。また、その瞬間を含んで近い過去から近い未来にわたる時間。 「 -の状況」 「 -住んでいる町」
〔時を表す語の下に用いられて〕 物事の変化する状態をその時点で区切ってとらえたことを示す。 「一〇時-の気温」
目の前にあること。確かに存在すること。 「石炭時代に-せし一火山/日本風景論 重昂
(「現在の」の形で)まぎれもない。正真正銘の。 「相伝の主しゆうと-の聟を討ち/平治
(副詞的に用いられて)まぎれもなく。たしかに。 「 -血を配けた兄/魔風恋風 天外
〘仏〙 三世の一。今、現に生を受けているこの世。現世。
文法で、時制の一。発言する時点での動作・作用・状態などを表す表現形式。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の現在の言及

【時間】より

…そうした人間と世界の接点に示される〈今〉〈過去〉〈未来〉の三つの様態を貫くものが時間である,と定義することもできよう。もっとも,過去,現在,未来という時間の三態のどこに主眼点を置くか,という問題は時間をめぐる重要な論点の一つである。例えばインドの仏教経典では,この三態の順序はほとんどつねに過去,未来,現在として取り上げられるが,それは,現在のみが時間としてリアルにとらえられていることを示しているとみられる。…

【時制】より

…日本語で〈時称〉あるいは〈テンス〉とも呼ばれる。伝統文法では,話者の発話の時点を基準にしてそれを現在とし,前後を過去および未来とするシステムがたてられた。英語でjumped―jump―will(shall) jumpを過去形―現在形―未来形と呼ぶのもそれにならったものである。…

※「現在」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現在の関連情報