コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日伝 にちでん

2件 の用語解説(日伝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日伝 にちでん

1342-1409 南北朝-室町時代の僧。
康永元=興国3年生まれ。日蓮宗。京都本国寺(のちの本圀寺)の日静(にちじょう)に師事し,のち同寺5世となる。将軍足利義満の帰依(きえ)をうけ,大客殿,五重塔を建立。尾張(おわり),和泉(いずみ)で布教活動をすすめ,教線を拡大した。応永16年4月1日死去。68歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。字(あざな)は大円。号は建立院。著作に「本迹(ほんじゃく)問答高広義」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日伝

正式社名「株式会社日伝」。英文社名「NICHIDEN Corporation」。卸売業。昭和27年(1952)「日本伝導株式会社」設立。同34年(1959)「日本伝導精機株式会社」に改称。平成元年(1989)現在の社名に変更。本社は大阪市中央区上本町西。産業機器商社。業界最大手。軸受けなど動力伝導機器が主力。ほかに制御機器など。東京証券取引所第1部上場。証券コード9902。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日伝の関連キーワード康永兼国(2)孝信在中中淹長雅長懐道尊(2)山科教冬頼勝隆源(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日伝の関連情報