コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向水木 ヒュウガミズキ

デジタル大辞泉の解説

ひゅうが‐みずき〔ひうがみづき〕【向水木】

マンサク科の落葉低木。山地自生し、高さ2~3メートル。枝は細く、よく分枝し、葉は卵形。春、葉より先に、黄色の花が2、3個ずつ垂れて咲く。北陸・近畿地方に分布。庭木にする。伊予みずき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゅうがみずき【日向水木】

マンサク科の落葉低木。近畿地方の北部山地に自生。庭木とする。高さは約2メートル。トサミズキに似るが、枝が細く、花や葉が小ぶり。早春、葉に先立ち淡黄色の花を二、三個ずつ下向きにつける。伊予水木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

日向水木 (ヒュウガミズキ)

学名:Corylopsis pauciflora
植物。マンサク科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

日向水木の関連キーワードトサミズキ(土佐水木)トサミズキ伊予水木早春

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android