日向水木(読み)ヒュウガミズキ

デジタル大辞泉の解説

ひゅうが‐みずき〔ひうがみづき〕【向水木】

マンサク科の落葉低木。山地自生し、高さ2~3メートル。枝は細く、よく分枝し、葉は卵形。春、葉より先に、黄色の花が2、3個ずつ垂れて咲く。北陸・近畿地方に分布。庭木にする。伊予みずき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゅうがみずき【日向水木】

マンサク科の落葉低木。近畿地方の北部山地に自生。庭木とする。高さは約2メートル。トサミズキに似るが、枝が細く、花や葉が小ぶり。早春、葉に先立ち淡黄色の花を二、三個ずつ下向きにつける。伊予水木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

日向水木 (ヒュウガミズキ)

学名:Corylopsis pauciflora
植物。マンサク科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゅうが‐みずき ひうがみづき【日向水木】

〘名〙 マンサク科の落葉低木。本州の近畿北部、岐阜・富山・石川・福井の各県の山地に生え、庭木としても植えられる。葉は長さ二~五センチメートルの広卵形で先がとがり縁に鋸歯(きょし)がある。三~四月頃、葉に先立って枝いっぱいに淡黄色の花が一~三個ずつ穂状に集まって垂れ下がる。いよみずき。《季・春》 〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android