コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本人民解放連盟 にほんじんみんかいほうれんめい

3件 の用語解説(日本人民解放連盟の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日本人民解放連盟【にほんじんみんかいほうれんめい】

日中戦争中,中国軍の捕虜となった日本兵が結成した反戦組織。1938年末から華北各地に生まれた反戦組織を,モスクワから延安に移った野坂参三が1942年に統一し,反戦同盟華北連合会を結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんじんみんかいほうれんめい【日本人民解放連盟】

日中戦争中,中国軍の捕虜となった日本軍兵士によってつくられた反戦団体で,日本人による戦時下の数少ない反戦運動の一つ。1939年11月山西省で八路軍の指導・援助の下に日本兵士覚醒連盟が組織され,同じころ鹿地亘によって国民党地区の重慶に本部をおく在華日本人民反戦同盟が結成された。40年5月延安にも反戦同盟延安支部がつくられ,以後八路軍の援助と野坂参三(岡野進)の指導で華北の日本人反戦組織は拡大し,42年8月覚醒連盟と反戦同盟は合流して反戦同盟華北連合会となり,また新四軍地区にも支部が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本人民解放連盟
にほんじんみんかいほうれんめい

日中戦争下の1944年(昭和19)4月、中国共産党軍の捕虜となった日本兵を主体に結成された反戦同盟。1939年11月、山西省の解放区において日本兵による初めての反戦組織「日本兵士覚醒(かくせい)連盟」が結成され、ついで40年7月には、モスクワから延安に入った野坂参三(さんぞう)らによって「在華日本人反戦同盟延安支部」が創設されていたが、この二つの反戦組織は42年8月「在華日本兵反戦同盟華北連合会」に一本化され、さらに44年4月にはより広い政治綱領をもつ「日本人民解放連盟」に発展した。連盟は、戦争終結、軍部独裁の打倒、自由・民主の新日本建設を掲げ、当初は約300人で発足したが、戦争末期には約1000人を擁するまでになった。[田中祥之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本人民解放連盟の関連キーワードカムラン湾ビアク島盧溝橋事件シャルルドルレアン日支事変南京虐殺連合国軍の戦争捕虜空閑昇佐藤猛夫劉智渠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone