コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本原 にほんばら

大辞林 第三版の解説

にほんばら【日本原】

岡山県北東部、津山盆地の北東部にある平坦な丘陵。大部分は自衛隊の演習地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんばら【日本原】

岡山県北東部,津山盆地の北東部を占める平たんな丘陵地帯。那岐(なぎ)山連峰の南麓に広がる標高400m以下の緩傾斜面全体を日本原高原と称するが,西半分が狭義の日本原で,奈義町勝北町にまたがり勝央町にまでのびる。南北約10km,東西は最大3km。1879年士族授産事業で開墾を試みたが失敗し,1909年大部分が陸軍演習場となった。第2次大戦後アメリカ軍に接収され,63年に陸上自衛隊演習場となったが,国道53号線以南は農地化されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕日本原(にほんばら)


岡山県北東部、那岐(なぎ)山南西麓(なんせいろく)の台地。津山(つやま)市北東部から勝田郡奈義(なぎ)町に広がる。標高約200~420m。火山灰におおわれるため水利に乏しい。明治期以降は陸軍演習地として利用され、現在も陸上自衛隊が駐屯する。広戸(ひろと)風とよばれる局地風が吹く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本原
にほんばら

岡山県北東部、中国山地の那岐(なぎ)連峰南麓(ろく)の高原。勝田(かつた)郡奈義(なぎ)町と津山市東部にまたがる。標高200~400メートルの複合扇状地性台地で、広戸野(ひろどの)、御所野(ごしょの)とよばれていたが、正保(しょうほう)年間(1644~1648)ごろ五兵衛という者が茶店を設けてから日本野または日本原野とよばれるようになったという。水利の不便、火山灰性土壌、広戸(ひろと)風などのため開発が遅れ、明治初期に士族授産事業としての開墾も失敗、1909年(明治42)大部分が陸軍演習場となった。現在、北部は陸上自衛隊演習場。国道53号以南は農地となり、茶、青リンゴ、蔬菜(そさい)栽培や酪農などが行われる。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本原の言及

【津山盆地】より

…北側の中国山地と南側の吉備高原の間に位置し,吉井川の上流域に属する。北は鳥取県との境の那岐(なぎ)山(1240m)や山形仙(やまがたせん)(791m)に限られ,東半分は洪積層(日本原(にほんばら)層)が顕著に発達しているが,津山付近では第三紀層の丘陵が多い。瀬戸内海から50kmの内陸部にあり,標高100~200mで,気候は盆地性の特色を示す。…

※「日本原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日本原の関連キーワード動力炉・核燃料開発事業団使用済み核燃料返還の覚書核燃料サイクル開発機構岡山県勝田郡奈義町原子力保険プール福井県内の原発嵯峨根 遼吉岡山県津山市瀬藤 象二JAERI原子力機構日本被団協日本プール東海[村]熊倉 啓安土光 敏夫奈義[町]丹羽 周夫奈義(町)佐久間 澄

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本原の関連情報