コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝北 しょうぼく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝北
しょうぼく

岡山県北東部,津山市東部の旧町域。中国山地南斜面から津山盆地北部に広がる。 1955年新野村,広戸村,勝加茂村の3村が合体して町制。 2005年津山市に編入。農業が主で,酒米,和牛を産し酪農も行なわれる。条里制遺構が残る。「広戸風」と呼ばれる突風が吹くため,民家は屋敷林をもつ。塩手池の湖畔はキャンプ場などがある観光地。奈義町にまたがる日本原高原には自衛隊演習場がある。北部には景勝地奥津川渓谷があり,周辺は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝北
しょうぼく

岡山県北東部、勝田(かつた)郡にあった旧町名(勝北町(ちょう))。現在は津山市の東部を占める地域。名称は中世、近世の郡名による。旧勝北町は、1955年(昭和30)広戸、新野(にいの)、勝加茂(しょうかも)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)津山市に編入。北部は那岐(なぎ)連峰の爪ヶ城(つめがじょう)、滝山など1000メートルを超える山々があり、南側に日本原(にほんばら)や吉野川支流広戸川の沖積平野がある。自衛隊演習場の日本原一帯は特異な局地風の広戸風が吹くことで知られる。国道53号が東西方向に走る。農業が主で稲作や酪農が行われる。[由比浜省吾]
『『勝北町誌』全2巻(1991、2005・勝北町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勝北の関連キーワード岡山県津山市勝北非人騒動芦田 高子津山(市)井戸 泰美作国

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android