コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本数学会 にほんすうがくかい

世界大百科事典 第2版の解説

にほんすうがくかい【日本数学会】

1946年設立の数学者の全国組織。1945年12月日本数学物理学会の理事会で,日本数学会と日本物理学会との二つの学会に分離することが決定され,数学では弥永昌吉が中心となり,46年4月第1回の年会が開かれた。初代委員長は正田建次郎で会員数は251名であった。数学会では47年4月和文機関誌《数学》を発行し,48年9月に世界に発表する欧文機関誌《ジャーナルJournal of the Mathematical Society of Japan》を発行,両誌とも今日に至っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本数学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Mathematical Society of Japan」。数学の研究普及を図る。一般社団法人。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本数学会の関連キーワード東京数学会社小松彦三郎清水 武雄秋月 康夫深谷賢治加藤和也神保道夫岡本則録岩田好算伊原康隆藤田宏飯高茂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本数学会の関連情報