正田建次郎(読み)しょうだけんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正田建次郎
しょうだけんじろう

[生]1902.2.25. 群馬館林
[没]1977.3.20. 栃木,足利
数学者。日清製粉の創業者,正田貞一郎の二男として生まれる。1925年東京帝国大学数学科を卒業し,翌 1926年ドイツに留学,エミー・ネーターに師事する。帰国後,1933年大阪帝国大学(→大阪大学教授となる。抽象代数学を日本に紹介し,日本における数学の現代化の先頭に立つ人物となった。1954年大阪大学総長,1960年同大学名誉教授,1962年同大学基礎工学部学部長。1965年武蔵大学学長,1975年武蔵学園学園長。著書に『抽象代数学』(1932),『数学へのみち』(1962),『多元数論入門』(1968)など。1949年日本学士院賞受賞,1953年同会員。1969年文化勲章,1974年勲一等瑞宝章受章。上皇明仁の皇后美智子伯父,天皇徳仁大伯父にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正田建次郎 しょうだ-けんじろう

1902-1977 昭和時代の数学者。
明治35年2月25日生まれ。正田貞一郎の次男。ドイツでエミー=ネーターに師事し,帰国後,大阪帝大教授,阪大学長,武蔵大学長などを歴任。「抽象代数学」は名著として知られる。昭和24年学士院賞,44年文化勲章。昭和52年3月20日死去。75歳。群馬県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正田建次郎
しょうだけんじろう
(1902―1977)

数学者。群馬県館林(たてばやし)生まれ。東京帝国大学を卒業(1925)してドイツに留学、ゲッティンゲン大学でネーターに師事した。帰国後、1933年(昭和8)大阪帝国大学理学部教授。第二次世界大戦前、大阪帝国大学の数学教室は日本における数学の近代化の中心の一つであり、それは抽象代数と位相数学に代表され、正田は中心的存在として活躍した。1949年(昭和24)学士院賞受賞、1953年学士院会員、1954年大阪大学学長に就任。大阪大学退官後、武蔵(むさし)大学学長、武蔵学園長などを歴任した。

[内田 謙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだけんじろう【正田建次郎】

1902‐77(明治35‐昭和52)
数学者。群馬県館林に生まれる。1925年東京帝国大学を卒業後,恩師高木貞治のすすめで26年から2年半ドイツに留学。当時は抽象代数学の勃興期で,その研究の中心であったゲッティンゲン大学で女性数学者A.E.ネーターから強い影響を受けた。帰国後《抽象代数学》を著し,日本の数学の近代化に大きな役割を果たした。33年に新設の大阪大学理学部教授に就任,若い俊英を集めて当時もっとも活気のある数学教室をつくるとともに,群論,多元環論について活発な研究発表を行い,またこれらの理論統合を目ざして一般代数系の理論の創建に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の正田建次郎の言及

【日本数学会】より

…1945年12月日本数学物理学会の理事会で,日本数学会と日本物理学会との二つの学会に分離することが決定され,数学では弥永昌吉が中心となり,46年4月第1回の年会が開かれた。初代委員長は正田建次郎で会員数は251名であった。数学会では47年4月和文機関誌《数学》を発行し,48年9月に世界に発表する欧文機関誌《ジャーナルJournal of the Mathematical Society of Japan》を発行,両誌とも今日に至っている。…

※「正田建次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android