コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥永昌吉 イヤナガショウキチ

3件 の用語解説(弥永昌吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いやなが‐しょうきち〔‐シヤウキチ〕【弥永昌吉】

[1906~2006]数学者。東京の生まれ。東京帝大・学習院大学教授。整数論・代数学・幾何学を研究。日仏の文化交流平和運動にも積極的に関わる。著作に「幾何学序説」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弥永昌吉【いやながしょうきち】

数学者。東京都出身。東京帝国大学(現,東京大学)理学部数学科卒業。東京大学教授,学習院大学教授を務めた。1978年に日本学士院会員となる。整数論などの権威で,日本数学会日本学術会議で数学研究・数学教育の体制を再建した一方,ベトナム反戦や核兵器廃絶などの平和運動にも参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥永昌吉 いやなが-しょうきち

1906-2006 昭和-平成時代の数学者。
明治39年4月2日生まれ。昭和17年東京帝大教授となり,42年学習院大教授。整数論,代数学などのほか,数学史も研究。フランスとの文化交流につくし,53年日仏会館副理事長。日本学士院会員。平成18年6月1日死去。100歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「幾何学序説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の弥永昌吉の言及

【日本数学会】より

…1946年設立の数学者の全国組織。1945年12月日本数学物理学会の理事会で,日本数学会と日本物理学会との二つの学会に分離することが決定され,数学では弥永昌吉が中心となり,46年4月第1回の年会が開かれた。初代委員長は正田建次郎で会員数は251名であった。…

※「弥永昌吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弥永昌吉の関連キーワード森毅飯高茂伊原康隆柏原正樹倉田令二朗小堀憲小松彦三郎原亨吉藤田宏村田全

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone