コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本雑誌協会 にほんざっしきょうかい

3件 の用語解説(日本雑誌協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本雑誌協会
にほんざっしきょうかい

1956年1月 30日有力雑誌社 30社により結成された団体で,出版文化の発展,出版倫理の向上を目的としている。会員発行の雑誌は日本の雑誌類の発行部数の 90%以上を占めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ざっしきょうかい〔‐ザツシケフクワイ〕【日本雑誌協会】

雑誌を刊行する出版社で構成される業界団体。出版倫理の向上と雑誌出版社の利益擁護などを目的として、昭和31年(1956)設立。文化庁所管の社団法人。業界取引の合理化・改革を推進するとともに、雑誌に関する重要問題について雑誌出版界を代表して対処している。また、雑誌編集に関する取材活動の便宜をはかるため、国会雑誌記者クラブなど六つの記者クラブを運営している。雑協。→日本書籍出版協会

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本雑誌協会
にほんざっしきょうかい

略称雑協。1956年(昭和31)1月、雑誌社30社によって創立された社団法人。雑誌の発行を通して出版文化の発展と出版倫理の向上を図り、雑誌発行者の共通の利益を擁護することを目的とする。おもな事業は、〔1〕出版文化の普及徹底および出版倫理綱領の高揚維持、〔2〕雑誌に関する調査研究、〔3〕立法機関行政官庁その他関係方面との連絡交渉、〔4〕他の出版事業団体ならびに関係団体との連絡協調、〔5〕機関誌『日本雑誌協会報』の発行など。会員規定に「会員は雑誌出版を業とする者に限る」としているのが特色。会員は86社(1998)。[清田義昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本雑誌協会の関連キーワード日本書籍出版協会業界団体出版社逐次刊行物復刊ECAサイマル出版パブリッシュマクミラン[会社]業界団体と政治団体

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本雑誌協会の関連情報