コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本雑誌協会 にほんざっしきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本雑誌協会
にほんざっしきょうかい

1956年1月 30日有力雑誌社 30社により結成された団体で,出版文化の発展,出版倫理の向上を目的としている。会員発行の雑誌は日本の雑誌類の発行部数の 90%以上を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ざっしきょうかい〔‐ザツシケフクワイ〕【日本雑誌協会】

雑誌を刊行する出版社で構成される業界団体。出版倫理の向上と雑誌出版社の利益擁護などを目的として、昭和31年(1956)設立。文化庁所管の社団法人。業界取引の合理化・改革を推進するとともに、雑誌に関する重要問題について雑誌出版界を代表して対処している。また、雑誌編集に関する取材活動の便宜をはかるため、国会雑誌記者クラブなど六つの記者クラブを運営している。雑協。→日本書籍出版協会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本雑誌協会
にほんざっしきょうかい

略称雑協。1956年(昭和31)1月、雑誌社30社によって創立された社団法人。雑誌の発行を通して出版文化の発展と出版倫理の向上を図り、雑誌発行者の共通の利益を擁護することを目的とする。おもな事業は、〔1〕出版文化の普及徹底および出版倫理綱領の高揚維持、〔2〕雑誌に関する調査研究、〔3〕立法機関、行政官庁その他関係方面との連絡交渉、〔4〕他の出版事業団体ならびに関係団体との連絡協調、〔5〕機関誌『日本雑誌協会報』の発行など。会員規定に「会員は雑誌出版を業とする者に限る」としているのが特色。会員は86社(1998)。[清田義昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本雑誌協会の関連キーワード日本出版インフラセンター書店のポイントサービス読書推進運動協議会雑誌印刷部数公表雑誌人権ボックスポイントカード佐藤義夫(2)有害指定図書雑誌コード石川 数雄不健全図書佐藤 義夫石山 賢吉大野 孫平今井田 勲石山賢吉再販制度有害図書増田義一ISBN

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本雑誌協会の関連情報