コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ABC協会 にほんエービーシーきょうかい

4件 の用語解説(日本ABC協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本ABC協会
にほんエービーシーきょうかい

ABC協会の日本における組織。 1952年 10月に設立。定期的にメディアの販売部数を確定するための公査を実施しており,60年以降はその数値を公表している。 97年現在,広告メディア側の会員として新聞 73紙,雑誌 101誌,専門紙誌 27紙誌,フリーペーパー 82紙が参加している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐エービーシーきょうかい〔‐ケフクワイ〕【日本ABC協会】

ABCは、Audit Bureau of Circulations(部数公査機構)の略》新聞・雑誌などの実売部数を調査・公表する一般社団法人。昭和27年(1952)ABC懇談会として発足。昭和30年(1955)現名称に改称。新聞雑誌部数公査機構

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本ABC協会【にほんエービーシーきょうかい】

新聞・雑誌の販売・頒布部数を調査確認し,会員に報告する社団法人。本部東京。1952年ABC懇談会として設立,1955年現名。加盟会員は広告主244社,広告業216社,新聞67社,雑誌55社,その他93社で計675(1998年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本ABC協会
にほんえーびーしーきょうかい

ABCは、広告媒体となる新聞や雑誌の販売部数公査機関Audit Bureau of Circulationsの略で、日本ABC協会は日本においてそれを行う社団法人。新聞・雑誌社、広告主、広告代理業などの協同会員組織で、1914年アメリカに創立されたのが世界最初。日本ではABC懇談会として1952年(昭和27)に設立されたが、1958年に社団法人日本ABC協会と改組、本格的な活動を開始した。おもな事業は、広告料金の基本的な算定基準となる販売部数を厳格に公査および認証することや、新聞・雑誌の部数とその地域分布状況、読者層、特色などに関する調査などである。会員648社のうち、新聞社62社、雑誌社51社、専門紙誌12社、フリー・ペーパー(無料配布紙誌)61社、広告主225社、広告会社197社、賛助会員40社となっている(2010)。[鈴木ケイ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本ABC協会の関連キーワード転換法命題ABC予想abc予想級化層理シンプル垂心嶋浩一土居美保子杞山星璃

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本ABC協会の関連情報