コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日清製油 にっしんせいゆ

1件 の用語解説(日清製油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日清製油
にっしんせいゆ

食用油メーカー最大手。 1907年中国の大連に工場を設け日清豆粕製造を設立,1918年日清製油に社名変更。当初,大豆油,油粕の生産に携わり,のち化学部門も手がけた。第2次世界大戦後徐々に生産能力を拡張,1949年北海製油を合併,1965年までには東洋一の製油総合工場を横浜に完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日清製油の関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇オスメーニャエンデカッペンクラーク塚原渋柿園綱島梁川朴泳孝ブッセ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日清製油の関連情報