コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高壮之丞 ひだか そうのじょう

2件 の用語解説(日高壮之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高壮之丞 ひだか-そうのじょう

1848-1932 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)元年3月23日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。明治4年海軍兵学寮にはいる。台湾出兵,西南戦争に従軍。日清(にっしん)戦争では橋立,松島の艦長をつとめる。35年常備艦隊司令長官となり,日露戦争直前に舞鶴鎮守府司令長官に転じた。41年海軍大将。昭和7年7月24日死去。85歳。本姓は宮内。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日高壮之丞

没年:昭和7.7.24(1932)
生年:嘉永1.3.23(1848.4.26)
明治期の海軍軍人。薩派海軍を代表する提督。薩摩藩士宮内精之進の子。同藩士日高藤左衛門の養子となる。戊辰戦争に従軍後,明治4(1871)年に海軍兵学寮に入る。少尉に任官後は,海上勤務を続け,山本権兵衛に代表される「本省派」に対する「艦隊派」の一員であった。日清戦争(1894~95)時は,大佐で,三景艦のひとつ海防艦「橋立」の艦長として黄海海戦で戦った。戦後,海軍兵学校長。明治33年中将。日本とロシアの間に戦争の危機がせまるなか同35年7月に常備艦隊司令長官に就任,戦時の連合艦隊司令長官に擬せられていたが,開戦直前の同36年10月に東郷平八郎と交代に舞鶴鎮守府司令長官に転任させられた。このため,日露戦争(1904~05)には参加せず,明治40年に男爵となったが,翌41年大将に名誉進級ののち海軍を去った。

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日高壮之丞の関連キーワード徳川達成海軍省軍令部水師提督阿武清実吉安純鶴田鹿吉平野勇吉河為久蔵

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone