旧グラバー住宅(読み)きゅうグラバーじゅうたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧グラバー住宅
きゅうグラバーじゅうたく

長崎県長崎市南山手町にある,幕末のイギリス商人トマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築。文久3(1863)年建築。大浦地区の高台にあり,長崎港と対岸の三菱長崎造船所とを眺望できる場所に建つ。独特のバンガロー様式で,大浦天主堂をつくった天草の棟梁小山秀が建てたものとされる。広いベランダが特徴であると同時に,日本瓦土壁も用いられており,イギリス式のコロニアル様式と伝統的な日本の建築技術が融合している。創建以来増改築を経ていまにいたる。今日では旧リンガー住宅,旧オルト住宅などとともに,グラバー園の中心施設として公開されている。1961年に主屋と付属屋が国の重要文化財に指定され,2015年には「明治日本の産業革命遺産製鉄製鋼,造船,石炭産業」として世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧グラバー住宅の関連情報