コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早水藤左衛門 はやみ とうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早水藤左衛門 はやみ-とうざえもん

1664-1703 江戸時代前期の武士。
寛文4年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえ,馬廻をつとめる。弓術を星野勘左衛門にまなぶ。刃傷事件の突発で,萱野三平とともに国元へ急報。元禄(げんろく)15年12月14日大石良雄らと吉良(きら)邸に討ちいる。元禄16年2月4日細川邸で切腹。40歳。備前(岡山県)出身。本姓は山口。名は満尭(みつたか)。
【格言など】地水火風空のうちより出し身のたどらで帰る元の住かに(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

早水藤左衛門の関連キーワードムスタファ2世総合年表(アメリカ)信仰復興運動工藤治兵衛南部重直秋田藩水野十郎左衛門ニコルズモリエール前原伊助