コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早鼓 ハヤツヅミ

大辞林 第三版の解説

はやつづみ【早鼓】

能楽の囃子事はやしごとの一。事件の勃発のため、前ジテが急ぎ退場し、アイが続いて登場する折に、太鼓・小鼓だけで奏される比較的急調子のもの。
歌舞伎の下座音楽の一。能楽から転用したもので、「舟弁慶」などのシテの中入り、また急使の登場あるいは「道成寺」の聞いたか坊主の出などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の早鼓の言及

【出入事】より

…謡(うたい)がなく囃子と所作から成る囃子事小段のうち,立方(たちかた)の登・退場に用いられるものの総称。登場に用いるものを〈出端事(ではごと)〉,退場に用いるものを〈入端事(いりはごと)〉と呼ぶが,〈来序(らいじよ)〉や〈早鼓(はやつづみ)〉のように,その前半で前役のシテ,ツレなどが退場し,後半でアイなどの後役が登場するものもある。 出端事は種類が多いが,おもに大鼓(おおつづみ)・小鼓(こつづみ)で奏される大小物と,太鼓が加わる太鼓物,その他のものの三つに大きく分けられる。…

※「早鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早鼓の関連キーワード出入事中入り道成寺急調子能楽急使

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早鼓の関連情報