明川(読み)めいせん

世界大百科事典 第2版の解説

めいせん【明川 Myŏngch‘ŏn】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道南部の郡。郡の大部分が七宝火山塊(最高峰1308m)によって覆われ,日本海沿岸は険峻な岩石海岸となっており,良港に恵まれない。西部には吉州との間に吉州・明川地溝帯とよばれる狭い平原が南北に走り,農業や鉄道交通等産業活動が集中している。またここには朝鮮ではまれな褐炭層が広く分布し,その採掘が盛んに行われている。海岸近くに温水坪という温泉地がある。【谷浦 孝雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あき‐がわ ‥がは【明川】

〘名〙 川止めが解かれた川。通行を許されるようになった川。
※雑俳・柳多留‐一四一(1835)「明き川の封切を越す御状箱」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android