コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明川 めいせん

2件 の用語解説(明川の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

明川【めいせん】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道南部,花台川の上流にある町。吉州・明川地溝帯に属し,褐炭その他の鉱産がある。東側には七宝山を中心に温泉帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めいせん【明川 Myŏngch‘ŏn】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道南部の郡。郡の大部分が七宝火山塊(最高峰1308m)によって覆われ,日本海沿岸は険峻な岩石海岸となっており,良港に恵まれない。西部には吉州との間に吉州・明川地溝帯とよばれる狭い平原が南北に走り,農業や鉄道交通等産業活動が集中している。またここには朝鮮ではまれな褐炭層が広く分布し,その採掘が盛んに行われている。海岸近くに温水坪という温泉地がある。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明川の関連キーワード咸鏡北道北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国元山開城金策羅津冠帽峰脱北舞水端里

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明川の関連情報