コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明智光秀妻 あけち みつひでの つま

1件 の用語解説(明智光秀妻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明智光秀妻 あけち-みつひでの-つま

1535-1582 戦国-織豊時代の女性。
天文(てんぶん)4年生まれ。細川ガラシャの母。妻木氏の出身で,名は煕子(ひろこ)とも。光秀の没後,近江(滋賀県)坂本城の開城が論議されたさい,家臣にいきのびるよう説いた。天正(てんしょう)10年6月15日落城に際し娘婿秀満の手で刺殺された。48歳。
【格言など】我等親子速に自害せしめ候わば末代までも当家の恥辱はあるまじく候(「明智軍記」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明智光秀妻の関連キーワード土岐頼芸松平清康東条城丹羽長秀明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻武田信勝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone