コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治丸 めいじまる

世界大百科事典 第2版の解説

めいじまる【明治丸】

大型の洋式船としては現存する日本最古の船。1874年イギリスで建造,翌年横浜に回航された。全長86m,幅9m,総トン数1027トンの鉄製2軸汽船であるが,補助帆走用の2本のマスト(現在は3本)をもつ。最初は灯台巡視船として用いられたが,当時の最優秀新造船であったため皇室の御召船としても使用された。76年明治天皇の東北・北海道巡航の御召船として航海したが,この航海の横浜帰着の日,7月20日を記念して1941年には海の記念日が定められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治丸
めいじまる

現役として運航中には明治天皇の御召(おめし)船として、引退後は東京商船大学(現東京海洋大学)に移管されて、同学内係留練習船として80年以上にわたる役を果たした船。二檣(しょう)スクーナー帆装付き鉄製汽船、1010.08総トン、長さ73.24メートル、幅8.96メートル、深さ6.61メートル。工務省灯台局がイギリス、グラスゴーのネピア造船所に発注して建造。1875年(明治8)2月横浜に回航され、灯台視察船として任務についた。当時1000トン以上の船は日本にほとんどなかったことから、76年の明治天皇の東北巡幸に際しては、函館(はこだて)から天皇を乗せて同年7月20日に横浜に帰着した。このため、この日が「海の記念日」として定められた(1996年、「海の日」として国民の祝日となる)。1896年に商船学校(のち東京商船大学。現東京海洋大学)に貸与、翌年移管され、三檣シップ型に改装された。その後長く係留練習船として使用されたが、1978年(昭和53)5月、国の重要文化財に指定され、東京海洋大学に復原保存されている。[茂在寅男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

明治丸の関連キーワード東京都江東区越中島セイボリ解纜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治丸の関連情報