コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商船学校 しょうせんがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商船学校
しょうせんがっこう

船員の教育,養成を目的とする学校。 1875年,私立三菱商船学校が設立されたのに始まり大正期に最盛期を迎えた。中等段階と高等段階に分れ,後者については,現在,東京・神戸の2校の国立商船大学がある。中等段階の商船学校は,1951年にすべて国立商船高等学校となったが,1967年,高等専門学校へと昇格した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうせん‐がっこう〔シヤウセンガクカウ〕【商船学校】

船員を養成するため、航海機関に関する知識技術を授けた旧制の学校。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせんがっこう【商船学校】

航海士,機関士などの船舶職員を養成する学校の総称。1984年現在,東京,神戸の2商船大学が高級の船舶職員を,富山,鳥羽,広島,大島(山口県),弓削(ゆげ)(愛媛県)の5商船高等専門学校が中級の船舶職員を養成している。いずれも国立である。歴史的には東京商船大学の前身校をたんに商船学校と称した時期(1886‐90,1896‐1925)が長かったため,商船学校といえば同校をさすことが多い。東京商船大学の歴史は古く,1875年に,国際航路の船舶職員養成のために政府が補助金を与えて設立させた三菱商船学校に始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうせんがっこう【商船学校】

船員養成のため、航海法、船舶の運転、機関に関する知識・操作などについて教授する学校。商船高等専門学校などがある。
旧制の実業学校の一。商船の乗組員の養成を目的とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商船学校
しょうせんがっこう

明治中期に編成された専門学校や実業学校の一種であり、現在でも商船大学や商船高等専門学校の俗称となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

商船学校の関連キーワードブレーマーハーフェンピエトロ ジェルミ辰沢 延次郎フリシンゲン海王丸パーク中御門 経隆クニッピング須田 豊太郎中御門経隆川崎芳太郎平山藤次郎長屋 千棟グディニャ平井 要三小泉 秀吉平中 苓次米窪 満亮海技大学校辰沢延次郎中村六三郎

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商船学校の関連情報