商船学校(読み)しょうせんがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商船学校
しょうせんがっこう

船員の教育,養成を目的とする学校。 1875年,私立三菱商船学校が設立されたのに始まり大正期に最盛期を迎えた。中等段階と高等段階に分れ,後者については,現在,東京・神戸の2校の国立商船大学がある。中等段階の商船学校は,1951年にすべて国立商船高等学校となったが,1967年,高等専門学校へと昇格した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせんがっこう【商船学校】

航海士,機関士などの船舶職員を養成する学校の総称。1984年現在,東京,神戸の2商船大学が高級の船舶職員を,富山,鳥羽,広島,大島(山口県),弓削(ゆげ)(愛媛県)の5商船高等専門学校が中級の船舶職員を養成している。いずれも国立である。歴史的には東京商船大学の前身校をたんに商船学校と称した時期(1886‐90,1896‐1925)が長かったため,商船学校といえば同校をさすことが多い。東京商船大学の歴史は古く,1875年に,国際航路の船舶職員養成のために政府が補助金を与えて設立させた三菱商船学校に始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうせんがっこう【商船学校】

船員養成のため、航海法、船舶の運転、機関に関する知識・操作などについて教授する学校。商船高等専門学校などがある。
旧制の実業学校の一。商船の乗組員の養成を目的とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうせん‐がっこう シャウセンガクカウ【商船学校】

〘名〙 旧制で、商船の乗組員を養成するために、航海や機関についての専門的な技術・知識を教育する学校。東京・神戸・清水の三か所にあった高等商船学校は、第二次大戦後の新学制で統合され、東京商船大学と神戸商船大学の二校となった。現在、富山、広島など五か所に国立の商船高等専門学校がある。〔商船学校官制(明治二九年)(1896)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商船学校の関連情報