コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治撰定譜 めいじせんていふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治撰定譜
めいじせんていふ

雅楽の楽譜集。 1876年と 88年の2回にわたり太政官雅楽局によって制定された曲目と楽譜。江戸時代以前には三方楽所 (さんぽうがくそ) の制があり,大内 (京都) ,南都 (奈良) ,天王寺 (大坂) 楽所にそれぞれ所属する楽人が宮中の行事にあたっていたが,明治の東京遷都に伴い紅葉山 (江戸) の楽人も含めて大合同した。その結果,各系統の伝承を整理統合する必要が生じ,楽譜についても各流儀の記譜法,旋律法,リズム法などが統一された。宮内庁楽部の現行曲はすべてこの譜によっている。レパートリー唐楽,高麗 (こま) 楽,上代歌舞,催馬楽 (さいばら) ,朗詠のそれぞれの分野にわたり,それぞれパート譜の形式で記され,舞譜も存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

明治撰定譜の関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android