コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明禅 みょうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明禅 みょうぜん

1167-1242 鎌倉時代の僧。
仁安(にんあん)2年生まれ。藤原成頼の子。比叡(ひえい)山の智海,仙雲から顕密をまなぶ。山門の碩徳(せきとく)とうたわれたが,遁世(とんせい)の志ふかく後年は法然専修念仏帰依(きえ)した。毘沙門堂(びしゃもんどう)明禅,萩焼法印とよばれた。仁治(にんじ)3年5月2日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明禅の関連キーワード鎌倉時代不遷法序海門承朝天室宗竺一言芳談古幢周勝節香徳忠顧鑑古范制旨寺十牛図仁安

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明禅の関連情報