昔とった杵柄(読み)むかしとったきねづか

ことわざを知る辞典「昔とった杵柄」の解説

昔とった杵柄

しばらく遠ざかっているが、かつて修練して自信を持っている事柄のたとえ。年月を経てもに覚えのある技能などをたとえていう。

[使用例] さすがに昔取った杵柄で、腰がしゃんと極まって、少しの危なげもないばかりでなく、時々、あっと思うような離れ技を演ずる[谷崎潤一郎細雪|1943~48]

[解説] 「」は穀物うすに入れてく木製の道具で、「つか」はその手でもつ部分。昔よく手にした杵柄ということから、腕に覚えのある事柄に比喩的な意味が広がり、さまざまなことについて使われます。

英語〕There's many a good tune played on an old fiddle.(古びたバイオリンで多くの美しい調べが奏でられる)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「昔とった杵柄」の解説

むかし【昔】 とった杵柄(きねづか)

過去に鍛えた腕前。昔、修練して腕におぼえのある技量
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「むかしとったるきねづかでとしわすれ」
こがね丸(1891)〈巖谷小波〉七回「有漏覚えの手振、又は綱渡り籠抜けなんど、古(ムカ)し取(トッ)たる杵塚(キネヅカ)の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android