コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春巻(き) ハルマキ

デジタル大辞泉の解説

はる‐まき【春巻(き)】

中国料理の点心の一。刻んだ豚肉と竹の子などの春の野菜を、小麦粉で作った薄い皮で包み、油で揚げたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春巻【はるまき】

中国料理のチュンチュワン。立春につくるチュンピン(春餅)に由来。小麦粉を薄く円形に焼いて皮とし,豚肉,シイタケ,ニラなどを細切りにしていためたものを入れ,巻き包んで油であげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春巻
はるまき

中国料理の点心(てんしん)の一つ。小麦粉でごく薄い皮をつくり、この中に春の香りとして、春の野菜や豚肉を炒(いた)めたものを巻き込み、油で揚げる。これに酢じょうゆ、ラーユー、練りがらしなどをつけて食べる。中国では立春の行事として春餅(チュンピン)をつくって食べ、春を喜び迎える習慣があるが、この春餅とすこし異なる形態の春巻を立春のころにつくって、春を迎える所もあるという。
 この春巻はいつのころから始まったのかさだかではないが、日本では春餅よりも春巻のほうが一般に愛好されている。[野村万千代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例