昨日(読み)きのう

精選版 日本国語大辞典「昨日」の解説

きのう きのふ【昨日】

〘名〙
① 今日より一日前の日。さくじつ。きぞ。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「葦鴨の すだく入江に 一昨日(をとつひ)も 伎能敷(キノフ)もありつ」
② きわめて近くに思われる過去。回想して日のことのように近くに、また、印象鮮やかに思われる過去。
古今(905‐914)秋上・一七二「昨日こそさなへとりしかいつのまにいなばそよぎて秋風のふく〈よみ人しらず〉」

さく‐じつ【昨日】

〘名〙 今日の前の日。きのう。現代では改まった言い方に用いる。
※万葉(8C後)一七・三九七三・題詞「昨日述短懐、今日汙耳目
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)一「一両弐歩に。昨日(サクジツ)売候事。まぎれはなけれども、折ふしわるし」

きん‐にょう【昨日】

〘名〙 「きのう(昨日)」の変化した語。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻二〇「きんにゃうは御世話と子分礼にくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「昨日」の解説

きそ【昨日/昨夜】

《「きぞ」か。「そ」の清濁不明》昨夜。ゆうべ。また、昨日。
「ぬばたまの―は帰しつ今夜こよひさへわれを帰すな道の長手を」〈・七八一〉

きのう〔きのふ〕【昨日】

今日より1日前の日。さくじつ。
ごく近い過去。
「―こそ早苗とりしかいつの間に稲葉そよぎて秋風の吹く」〈古今・秋上〉
[類語]昨日前日

さく‐じつ【昨日】

今日の前の日。きのう。
[類語]昨日前日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「昨日」の解説

【昨日】さくじつ

きのう。許渾〔秋思〕 樹西風、(ちんてん)(たかむしろ)の秋 楚雲湘水、同(おも)ふ 高歌一曲、を掩ふ 昨日の少年、今白頭

字通「昨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android