コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和薬科大学 しょうわやっかだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭和薬科大学
しょうわやっかだいがく

私立の単科大学。 1930年に昭和女子薬学専門学校として創設,31年に日本女子薬学校と合併し,49年に昭和女子薬科大学となる。 50年に男女共学となって現校名に改称。薬学科,生物薬学科から成る薬学部をおく。入学定員は 240名 (1997) 。 69年に大学院を設置。東京都町田市東玉川学園にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうわ‐やっかだいがく〔セウワヤククワダイガク〕【昭和薬科大学】

東京都町田市にある私立大学。昭和5年(1930)創設の昭和女子薬学専門学校を母体に、昭和24年(1949)、昭和女子薬科大学として発足。翌年男女共学となり、現校名に改称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

昭和薬科大学の関連キーワード東京都町田市杉山 義雄町田(市)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android