時つ風(読み)トキツカゼ

デジタル大辞泉の解説

とき‐つ‐かぜ【時つ風】

[連語]
ほどよいころに吹く風。時節にかなった風。順風。
「―おだやかに吹て万民太平を楽しみ」〈露伴・寝耳鉄砲〉
潮の満ちる時刻になると吹く風。
「―吹くべくなりぬ香椎潟(かしひがた)潮干(しほひ)の浦に玉藻刈りてな」〈・九五八〉
[枕]時つ風が吹く意から、地名の「吹飯(ふけひ)」にかかる。
「―吹飯の浜に出で居つつ贖(あか)ふ命は妹がためこそ」〈・三二〇一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときつかぜ【時つ風】

[3] ( 名 )
ちょうどいい時に吹く風。潮などの満ちる時に吹く風。 「我が漕ぎ来れば-雲居に吹くに/万葉集 220
その時節にかなった風。順風。 「四海波静かにて、国も治まる-/謡曲・高砂」
( 枕詞 )
「吹く」と類音の地名「吹飯ふけひ」にかかる。 「 -吹飯の浜に出で居つつ/万葉集 3201

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ときつ【時つ】 風(かぜ)

時にかなった風。
① (「時」は時刻の意) 潮が満ちてくる時刻頃吹く風。その時になると吹く風。
※万葉(8C後)二・二二〇「なかの港ゆ 舟浮けて 吾が漕ぎくれば 時風(ときつかぜ) 雲ゐに吹くに」
② (中世以降、「論衡‐是応」の「太平之世、五日一風十日一雨」などの語句を意識して、「時」を時節・時候などの意に用い) その季節や時季にふさわしい風。
謡曲・高砂(1430頃)「四海波静かにて国も治まる時つ風、枝も鳴らさぬみ代なれや」
③ (②の「謡曲・高砂」の語句から) 平和でありがたい世の中、世間、あるいは快適な風潮、風習。
浮世草子・懐硯(1687)五「ことさら天下の町人おもふままなる世に住めるは有かたき時津風」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android