コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時つ風 トキツカゼ

デジタル大辞泉の解説

とき‐つ‐かぜ【時つ風】

[連語]
ほどよいころに吹く風。時節にかなった風。順風。
「―おだやかに吹て万民太平を楽しみ」〈露伴・寝耳鉄砲〉
潮の満ちる時刻になると吹く風。
「―吹くべくなりぬ香椎潟(かしひがた)潮干(しほひ)の浦に玉藻刈りてな」〈・九五八〉
[枕]時つ風が吹く意から、地名の「吹飯(ふけひ)」にかかる。
「―吹飯の浜に出で居つつ贖(あか)ふ命は妹がためこそ」〈・三二〇一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ときつかぜ【時つ風】

[3] ( 名 )
ちょうどいい時に吹く風。潮などの満ちる時に吹く風。 「我が漕ぎ来れば-雲居に吹くに/万葉集 220
その時節にかなった風。順風。 「四海波静かにて、国も治まる-/謡曲・高砂」
( 枕詞 )
「吹く」と類音の地名「吹飯ふけひ」にかかる。 「 -吹飯の浜に出で居つつ/万葉集 3201

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

時つ風の関連キーワード小野老万葉集四海波

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時つ風の関連情報