時代色(読み)ジダイショク

デジタル大辞泉 「時代色」の意味・読み・例文・類語

じだい‐しょく【時代色】

その時代特有の風潮傾向。「時代色を反映した作品
[類語]時流風潮時局時勢流行はやり時好好尚トレンドモードファッションブーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「時代色」の意味・読み・例文・類語

じだい‐しょく【時代色】

  1. 〘 名詞 〙 ある物事などのもつ、その時代特有の特色や傾向。
    1. [初出の実例]「予は原文の時代色を損ふまいとした結果、わざと何等の筆削をも施さない事にした」(出典:きりしとほろ上人伝(1919)〈芥川龍之介〉小序)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android