晏子の御(読み)アンシノギョ

  • =御者(ぎょしゃ)
  • ×晏子の御
  • あんし
  • の=御(ぎょ)
  • 晏子

デジタル大辞泉の解説

他人の権威によりかかって得意になること。
[補説]「史記」管晏伝による。晏嬰御者(ぎょしゃ)が、宰相馬車の御者であることを得意にしていたのを、その妻が恥じて離縁を求めた。御者は大いに恥じて精励し、晏嬰に認められて、大夫に出世したという故事から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

他人の権威によりかかって得意になっていることのたとえ。 史記管晏伝による。斉の宰相晏嬰の馬車の御者が、宰相の御者であることに得意満面だったのを妻にたしなめられて態度を慎み、大夫に取り立てられた故事から

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(中国春秋時代に、斉の宰相晏嬰(あんえい)の御者が、自分が宰相の御者であることが得意で、それに満足していたのを妻にたしなめられ、発奮したという「史記‐晏嬰伝」に見える故事から) 他人の権威によりかかって得意になることをいう。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「晏子(アンシ)の御者(ギョシャ)めく官員も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

他人の権威によりかかって、得意になること。

[使用例] 晴て風だつ日の土煙には、新購かいたての帽子為に白く、あんぎょしゃめく官員も、鼻の上に八字をえがき[坪内逍遥*当世書生気質|1885~86]

[由来] 「史記あんえい伝」に見える逸話から。春秋時代の中国でのこと。せいという国に、宰相、晏嬰の御者を務めて得意になっている男がいました。ある日、彼は突然、妻から離婚を言い渡されます。理由を聞くと、晏嬰は宰相にもかかわらず謙虚なのに、その御者にすぎない彼がいばり返っているのが情けない、とのこと。以後、謙虚にふるまうようにした彼は、晏嬰から取り立てられたということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android