コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩霜 バンソウ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐そう〔‐サウ〕【晩霜】

晩春、初夏のころに降りる。育ちはじめた草木の葉や芽を傷め、作物に被害を与える。おそじも。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おそじも【晩霜】

四、五月になって降りる霜。ばんそう。

ばんそう【晩霜】

四月から五月にかけておりる霜。農作物に大きな被害を与える。おそじも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の晩霜の言及

【霜】より

…晩春から初夏にかけて移動性高気圧に覆われるようなときに放射冷却によって,夜間急に気温が下がって霜が降りる。これを晩霜(おそじも∥ばんそう)という。ときには農作物に大きな被害を与えることがあり,霜害,凍霜害といって農家には恐れられている。…

※「晩霜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

晩霜の関連キーワード移動性高気圧大野[村]群馬(県)カキ(柿)霜注意報農業気象長江気団異常気象放射冷却早熟栽培八十八夜農作物別れ霜忘れ霜アズキ高気圧晩春霜害遅霜季語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android