コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初霜 はつしもfirst hoar frost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初霜
はつしも
first hoar frost

その年の秋からにかけて最におりる。初霜のあった日を霜の初日というが,年による変動が大きく,また一般に内陸で早く,沿岸で遅い。1981~2010年の平年値は,北海道の旭川 10月8日,札幌 10月25日,函館 10月19日,東北地方の青森 10月29日,秋田 11月11日,仙台 11月10日,北陸と関東地方では,新潟 11月25日,金沢 12月1日,宇都宮 11月2日,熊谷 11月17日,東京 12月20日,横浜 12月10日,中部地方以西では,名古屋 11月27日,大阪 12月5日,広島 12月14日,高松 11月24日,福岡 12月12日,鹿児島 12月10日などとなっており,同じ地方でも,地形,高度,その他の気象条件で初霜日は非常に異なる。初霜に対して,冬から春にかけておりる最後の霜を終霜(しゅうそう)という。冬日の減少とともに,初霜の発現日は,1981~2010年の平年値を 60年前の平年値と比べると,都市部で 1ヵ月以上も遅くなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はつ‐しも【初霜】

その年の秋から冬にかけて最初に降りる霜。 冬》「―やわづらふ鶴(つる)を遠く見る/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

初霜

長野県諏訪市の名物菓子。特産の「氷餅」をすり蜜で包んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

はつしも【初霜】

その冬に初めて降りる霜。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の初霜の言及

【霜】より

…また斜面に沿って冷たい空気が流れ下りるので,それに沿って霜が降りることも多く,霜道(しもみち)とよばれる。霜のできる気温からわかるように,関東以西では霜は冬季に発生するが,冬を迎えて最初の霜を初霜(はつじも∥しよそう),春を迎えて最後のものを終霜(おわりじも∥しゆうそう)という。晩春から初夏にかけて移動性高気圧に覆われるようなときに放射冷却によって,夜間急に気温が下がって霜が降りる。…

※「初霜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初霜の関連キーワード白酒(しろざけ)長野県諏訪市小倉百人一首置き惑はす凡河内躬恒等値線図放射冷却ハツシモ無霜期間移り替え夜長し季節学草の枕窃にばや霜害

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初霜の関連情報