コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通コンドライト ふつうコンドライトordinary chondrite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通コンドライト
ふつうコンドライト
ordinary chondrite

コンドライトのうち最も普通にみられる石質隕石の一種。O-コンドライトとも呼ばれる。コンドライトのうち,特異な炭素質コンドライトとエンスタタイト・コンドライトを除いたもので,落下が目撃されたコンドライトの 90%以上を占める。普通コンドライトは,さらにブロンザイト・コンドライト (H-コンドライト) ,ハイパーシン・コンドライト (L-コンドライト) ,アンホテライト・コンドライト (LL-コンドライト) の3種に細分されている。これらはおもに金属鉄 FeSと鉄・マグネシウムケイ酸塩 (橄欖石と輝石) より成っており,H-コンドライト,L-コンドライト,LL-コンドライトの順に金属鉄の含有量が少くなっているのに対し,ケイ酸塩中の鉄の含有量は多くなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐コンドライト【普通コンドライト】

コンドライトとよばれる石質隕石のうち、炭素質を含まないもの。鉄の含有率が低い順にLLコンドライト、Lコンドライト、Hコンドライトに分類され、その三つの総称を指す。発見される隕石の中で最も多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

普通コンドライトの関連キーワードはやぶさ小惑星

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android