コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通コンドライト ふつうコンドライト ordinary chondrite

2件 の用語解説(普通コンドライトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通コンドライト
ふつうコンドライト
ordinary chondrite

コンドライトのうち最も普通にみられる石質隕石の一種。O-コンドライトとも呼ばれる。コンドライトのうち,特異な炭素質コンドライトとエンスタタイト・コンドライトを除いたもので,落下が目撃されたコンドライトの 90%以上を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐コンドライト【普通コンドライト】

コンドライトとよばれる石質隕石のうち、炭素質を含まないもの。鉄の含有率が低い順にLLコンドライト、Lコンドライト、Hコンドライトに分類され、その三つの総称を指す。発見される隕石の中で最も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普通コンドライトの関連キーワードアコンドライトエイコンドライトコンドリュール石質隕石赤家蚊家蠅北栗鼠アルミナ質ラテライトシンパー‐ブラウンの法則エコンドライト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone