コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景観緑三法 けいかんみどりさんぽう

2件 の用語解説(景観緑三法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

景観緑三法
けいかんみどりさんぽう

景観法(平成16年法律110号),景観法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成16年法律111号),都市緑地保全法(→都市緑地法)等の一部を改正する法律(平成16年法律109号)の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

景観緑三法

2005年6月1日をもって全面施行された「景観法」、「景観法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」「都市緑地保全法等の一部を改正する法律」の3法の総称。なかでも重要なのが基本法としての性格を持つ「景観法」で、「美しく風格のある国土の形成、潤いのある豊かな生活環境の創造及び個性的で活力ある地域社会の実現を図り、もって国民生活の向上並びに国民経済及び地域社会の健全な発展に寄与すること」を目的に据え、「魅力ある国づくり」のために国土交通省が積極的なイニシアチブを執ることをうたっている。地域の景観に対しては、従来は各地の自治体が独自に基準を設け、条例を制定して対応してきたのだが、同法が施行されて後は、都道府県などが指定した「景観計画」の指定区域内での建物建設に一定の制限が設けられ、また住民や街づくりNPOによる「景観計画」への積極的な参加が求められるなど、景観に対する取り組みの変化が促されるようになった。小泉元首相がほのめかした日本橋首都高速道路の地中埋設プランなども同法の延長線上にあるものと推測されるが、国家が景観に「介入」する結果につながるのでは、と同法の理念を疑問視する声も聞かれる。「美しい景観を創る会」などの任意団体による議論も活発に行われている。

(暮沢剛巳 建築評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景観緑三法の関連キーワード革命暦旧刑法ADR法景観地区財政健全化法施行期日保険業法施行規則情報提供個人情報保護の法制度違式詿違条例

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone