コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晴嵐 セイラン

デジタル大辞泉の解説

せい‐らん【晴嵐】

晴れた日に山にかかるかすみ。
晴れた日に吹く山風。
「―梢を鳴らし」〈仮・の介・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいらん【晴嵐】

晴れた日にたつかすみ。山気が蒸発してのぼるもの。 「粟津の-(=近江八景ノ一)」
晴れた日に吹きわたる山風。 「 -梢を鳴らし/仮名草子・恨の介」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

晴嵐の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽ルネサス関西セミコンダクタ近江八景(美術)滋賀県大津市晴嵐日本電気硝子瀟湘八景図青山 杉雨東海(村)青山杉雨粟津貝塚金沢八景武市秀峰瀟湘八景仮名草子近江八景粟津原石田斎山風膳所粟津

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晴嵐の関連情報