晴嵐(読み)せいらん

精選版 日本国語大辞典「晴嵐」の解説

せい‐らん【晴嵐】

〘名〙
れわたった日のかすみ。よく晴れわたった日にたちのぼるの気。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)二「敵の晴(セイラン)くもるとも、只一息に攻落し父が汚名を雪(きよ)めんと」 〔鄭谷華山
② 晴れた日に吹きわたる山風。
※延慶本平家(1309‐10)五末「晴嵐梢を鳴らさずして夕日の影も閑也」
日葡辞書(1603‐04)「Xeiran(セイラン) コズエヲ ナラス」
③ 特に、近江八景の一つである粟津が原の、晴れわたった光景をいう。→粟津の晴嵐山市(さんし)の晴嵐
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)二「詢(くどけ)ど一夜も粟津の晴嵐(セイラン)
④ 料理菊の一種。花は晩生で八重、橙紅色の中輪のもの。青森県、山形県に多く栽培され、酢漬けとして賞用される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「晴嵐」の解説

せい‐らん【晴嵐】

晴れた日に山にかかるかすみ。
晴れた日に吹く山風。
「―梢を鳴らし」〈仮・の介・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「晴嵐」の解説

【晴嵐】せいらん

晴れた日の山気。谷〔華山〕詩 峭仞(せうじん)、聳ゆること魏魏(ぎぎ)たり 嵐、を染む

字通「晴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android