コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暇を取る イトマヲトル

4件 の用語解説(暇を取るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

暇(いとま)を取・る

主人や夫に願い出て、主従や夫婦の関係を断ち切る。「―・って郷里に帰る」

暇(ひま)を取・る

休暇を取る。暇をもらう。「法事のため―・る」
使用人などがやめる。また、妻のほうから離縁する。暇をもらう。「―・って実家へ戻る」
時間がかかる。暇どる。「―・る作業」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとまをとる【暇を取る】

主人に請うて主従の関係を絶つ。
妻が夫に請うて夫婦の縁を切る。離婚する。 「わらはは-・りましてござるが/狂言記・法師物狂」

ひまをとる【暇を取る】

奉公人・妻妾などが、自分から申し出て主従・夫婦の関係を絶つ。ひまをもらう。
休暇をとる。ひまをもらう。 「 - ・って帰郷する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暇を取るの関連キーワード過状古歌砂山チェリー花菱侮・不・侮・分・奉・撫・武・歩・無・舞・蕪・誣・部御饗滅私進納

暇を取るの関連情報