コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暇を取る イトマヲトル

デジタル大辞泉の解説

暇(いとま)を取・る

主人や夫に願い出て、主従や夫婦の関係を断ち切る。「―・って郷里に帰る」

暇(ひま)を取・る

休暇を取る。暇をもらう。「法事のため―・る」
使用人などがやめる。また、妻のほうから離縁する。暇をもらう。「―・って実家へ戻る」
時間がかかる。暇どる。「―・る作業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとまをとる【暇を取る】

主人に請うて主従の関係を絶つ。
妻が夫に請うて夫婦の縁を切る。離婚する。 「わらはは-・りましてござるが/狂言記・法師物狂」

ひまをとる【暇を取る】

奉公人・妻妾などが、自分から申し出て主従・夫婦の関係を絶つ。ひまをもらう。
休暇をとる。ひまをもらう。 「 - ・って帰郷する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暇を取るの関連キーワードリフレッシュ休暇制度ボランティア休業制度ワーケーション暇を貰う使用人奉公人暇・遑暇・閑休暇取る妻妾ひま

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android