コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗黒街の顔役

デジタル大辞泉プラスの解説

暗黒街の顔役

1959年公開の日本映画。監督:岡本喜八、脚本:西亀元貞、関沢新一、撮影:中井朝一。出演:鶴田浩二宝田明三船敏郎、白川由美、草笛光子、柳川慶子ほか。同監督による「暗黒街」シリーズのひとつ。

暗黒街の顔役

1932年製作のアメリカ映画。原題《Scarface》。ハワードホークス監督のギャング映画。出演:ポール・ムニ、ジョージ・ラフト、ボリス・カーロフほか。1983年にリメイク版『スカーフェイス』が作られた。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんこくがいのかおやく【暗黒街の顔役 Scarface】

ハワード.ヒューズ製作,H.ホークス監督および共同製作のアメリカの映画の名作。1930年製作。《犯罪王リコ》(1930),《民衆の敵》(1931)とともに三大ギャング映画といわれ(3作ともアル・カポネをモデルにした作品),その後30年代前半だけで300本に及ぶギャング映画を生む大ブームのきっかけを作った。シカゴの新聞記者出身で,史上初のギャング映画として知られる《暗黒街》(1927)の原作者であるB.ヘクトが脚本を書き,〈ボルジア家末裔(まつえい)が現代のシカゴに生きている〉という想定のもとに,ギャングの残虐な反社会的行為を鮮烈に描いた(アル・カポネは当時,獄中からこの映画のシナリオをチェックさせろと要求したという)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の暗黒街の顔役の言及

【ギャング映画】より

…やがてトーキーによって拳銃の発砲やマシンガンの掃射や自動車の疾走などが〈音〉を獲得するや,その暴力とアクションの魅力で大衆を熱狂させ,30年代初頭にギャング映画は黄金時代を迎えることになる。その口火を切ったのが,ギャング映画の古典として知られる次の3作,マービン・ルロイ監督,エドワード・G.ロビンソン主演《犯罪王リコ》(1930),ウィリアム・A.ウェルマン監督,ジェームズ・キャグニー主演《民衆の敵》(1931),ハワード・ホークス監督,ポール・ムニ主演《暗黒街の顔役》(製作は1930年,公開は32年)で,いずれもシカゴのギャングのボスとして鳴らし,当時まだ獄中にあったアル・カポネをモデルにして主人公の無法の人生と末路を描いた。主役を演じたロビンソン,キャグニー,ムニはいずれも一躍スターにのし上がり,また《暗黒街の顔役》でムニの弟分を演じたジョージ・ラフトとともに,4大ギャングスターとなった。…

※「暗黒街の顔役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

暗黒街の顔役の関連キーワードホークス(Howard Hawks)アンジャネット カマーアンダーグラウンド映画アンドルー デービスワーナー・ブラザースジョージ ラフトH. ホークス河津 清三郎アル・カポネウェルマン平田 昭彦

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android